札幌で関東地区の平均視聴率を上回った⁉ブラックペアン第5話!

<スポンサーリンク>

嵐・二宮和也さんがダークな外科医を演じている日曜劇場「ブラックペアン」、初回から好調をキープしています。

そんな中、20日放送の第5話の視聴率が面白いことになっていました。

関東地区では平均視聴率13.4%でしたが、私の地元札幌では平均視聴率18.1%最高視聴率19.5%を記録しました。

何が原因でこういう結果が出たのでしょうか?

原因はあの人

ブラックペアン第5話では、手術支援ロボットダーウィンが登場しました。

このダーウィンを操る松岡医師を演じたのが音尾琢真さん。

彼が登場した場面では瞬間最高を記録しました。

引用元:マイナビニュース

つまりブラックペアン第5話に音尾さんが登場したことで、札幌での視聴率が関東地区の視聴率を上回ったのです。

音尾さんは北海道出身、地元のスターの出演に視聴率が伸びたわけです。

<スポンサーリンク>

音尾琢真さんはどんな人

音尾琢真さんは北海道旭川市の出身です。

森崎博之さん、安田顕さん、大泉洋さん、戸次重幸さんらと結成しているTEAM NACSの一員です。

最近ではNACSメンバーそれぞれが活躍していますが、音尾さんも数々のドラマや映画で活躍しています。

昨年も日曜劇場「陸王」に出演していましたね。

TEAM NACSでは最年少で、自他共に認める末っ子体質だそうです。

北海道ではNACSの冠番組「ハナタレナックス」が毎週放送されていて、時々末っ子体質を垣間見ることができます。

過去4回ほど特別版として全国放送をしているので、見たことある方もいるのではないでしょうか?

ちなみに音尾さんのキャッチコピーは「目と目の間は離れていても、アナタの心は離さない」です。

確かに印象に残りやすい方だと思います。

音尾さんの今後

ドラマ・映画・舞台と活躍している音尾さんですが、これからも数々の作品に登場します。

現在公開中の映画「ラブ×ドック」「孤狼の血」

これから公開される映画「検察側の罪人」

来年春からの連続テレビ小説「なつぞら」

これらに出演しています。

北海道出身の役者として、どんどん活躍してもらいたいものです。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする