7/20公開映画実写版「BLEACH」主題歌はALEXANDROS

<スポンサーリンク>

「BLEACH」は少年ジャンプで連載されていた久保帯人さん執筆の漫画です。

アニメ化もされていて、テレビシリーズに劇場版も製作されました。

その人気作品がこの夏、実写化で公開されます。

引用元:SPICE

「BLEACH」ファンとしては非常に気になるところです。

BLEACHって?

『赤マルジャンプ』2001WINTER号に読み切りが掲載されました。

その後2001年『週刊少年ジャンプ』36・37合併号から連載スタート、2016年38号で完結しました。

全686話、コミックは全74巻とかなりの長編です。

テレビアニメは2004年10月から2012年3月末まで全366話、劇場版は4作品公開されています。

ストーリーは?

主人公である霊が見える高校生・黒崎一護は、ある日突然現れた死神と名乗る少女・朽木ルキアから死神の力を与えられます。

そして家族や仲間たちのために人間の魂を喰らう虚(ホロウ)という悪霊たちと戦うことになります。

死神の仲間となった黒崎一護は仲間たちと人間界、死神の世界を守るために戦って行くのです。

長編の作品なので、かなりかいつまんで紹介しました。

今回の実写版は?

物語は?

原作の「死神代行編」を中心とした、主人公・黒崎一護が死神・朽木ルキアと出会い、死神代行となるまでの物語になります。

監督・キャストは?

今作品の監督は佐藤信介さん。

<スポンサーリンク>

「GANTZ」「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」といったコミック作品を次々と映画化してきた監督です。

気になるキャストですが、主人公・黒崎一護を福士蒼汰さん、死神の朽木ルキアには杉咲花さんが演じます。

他にも吉沢亮さん、早乙女太一さん、MIYABIさんなどが、脇をかためます。

主題歌はALEXANDROS

今作品の主題歌と挿入歌の2曲を提供するのは、人気バンドのALEXANDROS。

ALEXANDROS川上洋平さんは「“へこたれねえぞ”っていう感情が上手くマッチしたんです。タイトルの『Mosquito Bite』は最初に浮かんでいたのですが、お前の攻撃なんて蚊に刺されたくらいだぜって、いう意味もあります」と解説。

主演の福士蒼汰さんは「BLEACH×ALEXANDROS、絶対にかっこいい!」

また佐藤監督は「作品が完成する前にアーティストさんと一緒に完成前の映画を観て、楽曲の話をしたのは初めてでした。それがすごく良かったし、そこに今回の楽曲が合ったっていうのが、奇跡のように感じています」

と、絶賛しています。

監督、主演が絶賛する楽曲が、どのように映画を盛り上げてくれるのか楽しみですね。

まとめ

コミックの映画化は当たりハズレがハッキリしてしまうものです。

ですが佐藤信介監督は「GANTZ」「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」と映画化して、成功をおさめています。

「BLEACH」でもその手腕を発揮してくれると思います。

一つ気がかりなのは、もともと長い話が2時間前後の枠にムリなく収まるかということです。

まぁそこは実績のある佐藤監督なので、大丈夫だと思います。

公開まで約3ヵ月、待ち遠しいものです。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする