乾燥しやすい冬、体の中からも対策しよう!

<スポンサーリンク>

冬になると乾燥対策に気を遣う方も多いと思います。

保湿クリームなどで、露出部分を保護するのは誰でも行っていると思いますが、体の中からの対策はしてますか?

冬は水分不足になりやすい

冬は体感温度が低いため、夏に比べると喉の渇きを感じにくくなります。

そのため、水分補給を怠りがちに・・・

普段の生活でも汗をかいても気づかないことも多く、無意識のうちに皮膚表面や粘膜、呼気から水分が蒸発・排泄される「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」もあり、水分不足になりやすいのです。

ちなみに健康な成人で、1日に皮膚から約600ml、呼気から約300mlもの水分が失われているそうです。

<スポンサーリンク>

水分補給は点滴飲みで

水分補給が大事だからと言って、ゴクゴク飲むのはいけません。

水分を一気にたくさんの量を補給しても、体が上手く吸収できずに尿として体外に排出されてしまいます。

そこで効果的なのは、こまめに水分を補給する「点滴飲み」です。

1時間にコップ少量から1杯を目安に少しづつ飲むのがベスト。

さらに起床後や就寝前、入浴の前後などは意識的に飲むようにすると良いでしょう。

水分不足は皮膚のかさつきや頭痛、だるさなど、様々な不調の原因にもなります。

しっかりと水分を適切に補給して、不調知らずで冬を乗り越えましょう。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする