新垣結衣主演ラブコメ!逃げ恥超えなるか?10月からスタート!

<スポンサーリンク>

「逃げるは恥だが役に立つ」「コードブルー」と、出演作が大当たりしている新垣結衣さん。

10月から日テレ系でラブコメ主演が決定しました。

現在、石原さとみさん主演の「高嶺の花」の後番組として始まります。

「逃げ恥」以来のラブコメですが、どんな内容になるのか調べてみました。

新ドラマのタイトルは?

10月スタートの新ドラマ、タイトルは「獣になれない私たち

登場人物たちが「出会ってすぐ恋に落ちる」「納得いかないことにすぐ反論する」という、ドラマにありがちな“お約束”の設定をタブーとしたそうです。

番組プロデューサーいわく

「ドラマの登場人物たちは出会ってすぐに恋におちる!!」
→だけど、実際の私たちは、そんな簡単に人を好きになったりしなくないか?
「ドラマの登場人物たちは納得がいかないことがあればすぐに反撃し、正論を言う!!」
→だけど、実際の私たちは、色んな人に気を遣って、簡単に本音なんか言えなくないか?

現実の大人たちのリアルに徹底的にこだわって描く新しいラブコメディーになるそうです。

キャスト、スタッフ、ストーリーは?

ヒロイン役はもちろん新垣結衣さん、相手役は松田龍平さんとW主演。

脚本には「逃げ恥」でも新垣さんとタッグを組んだ野木亜紀子さん。

これだけでも期待できますね。

新垣さんは、常に笑顔で仕事は完璧な“誰からも好かれ、愛されている女性”深海晶を演じます。

<スポンサーリンク>

仕事も恋もプライベートも周囲に気を使い、我慢し続けるうちに「私、何のためにこんなに頑張ってるんだっけ? 誰かをすごく好きになって、素直に恋をしたいだけなのに」という疑問を抱き始める30歳の女性といった役どころです。

一方、松田さんは、世渡り上手で人当たりがよく見えるが、実は調子よく振る舞っているだけで誰のことも信用していない33歳の男性・根元恒星を体現します。

この二人が仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会うことで物語が始まっていきます。

赤の他人だからこそ2人が本音でぶつかる中で、傷つきながら自分らしく踏み出す姿を、時に笑えるコメディで時に切なく描いていくという内容になりそうです。

出演者のコメント

新垣結衣さんは今回のドラマについて

有り難いです。また新しい景色が見れるかと思うと嬉しいです。なにより楽しみたいと思います。そして見てくださる方にも楽しんでいただけるように頑張ります。(このドラマの)主人公のように、嫌なのに、変えたいのに、勇気が出ないまま今と戦ってる人は実はたくさんいるのかなと思います。やっぱり見てくださる方には、好きになってもらったり応援したくなったり、笑ってもらえる晶にしたいです。カチカチになった心がふわっと軽くなるようなドラマになったらいいなと思います。

松田龍平さんは

面白くなりそうですね。男と女の人間模様が交差して変なことになれば最高ですね。楽しみです。(恒星に関しては)感じたまま演じたいです。言いたいことを正直に言えてしまう人だと思うのでそう言う意味でも。

と話していました。

まとめ

「逃げ恥」以来のラブコメ主演となる新垣結衣さん。

逃げ恥脚本家とのタッグで期待値があがります。

ただ、日テレ系の水曜10時枠は、最近視聴率の低迷が続いています。

この時間枠での視聴率の回復の起爆剤になるといいのですが・・・

「逃げ恥」を超えるようなラブコメになることを期待して、放送開始を待ちたいですね。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする