新型ジムニーが大人気!性能は?納期は?人気のカラーは?

<スポンサーリンク>

オフロード車として人気のスズキジムニーが20年ぶりにモデルチェンジをしました。

軽自動車でありながら、本格的なオフローダーとして有名なスズキジムニー。

20年ぶりの新型発表に注目が集まっています。

新型の性能や納期など、気になる情報をまとめてみました。

新型ジムニーは3タイプ

新型ジムニーは「XC」「XL」「XG」の3仕様が設定されています。

もちろんエンジンは660cc、全て4WD(四輪駆動)で5MTか4ATを選ぶことができます。

XCの主な装備は、デュアルセンサーブレーキサポート、LEDヘッドランプ、ヘッドランプウォッシャー、クルーズコントロールシステム、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、16インチアルミホイールなどが搭載されています。

XLの主な装備は、フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ、フルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、電動格納式リモコンドアミラー、スモークガラスなどが搭載。デュアルセンサーブレーキサポートに関してはメーカーオプションで設定することが出来ます。

XGの主な装備は、運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ、エアコン、フロント2スピーカー、16インチスチールホイールなどです。XGについてもデュアルセンサーブレーキサポートはメーカーオプションで設定することが出来ます。

走破性能は?

スズキジムニーは様々な環境に耐えうる走行性能とタフさをウリです。

<スポンサーリンク>

新型のプロモーション映像などでも、起伏の激しい不整地や、車体が前後左右に激しく傾くような岩場、車輪がとられて動けなくなるようなぬかるみ、雪上といった悪路を物ともせずに走る様子が紹介されています。

北海道下川町の当社テストコースや、国内外の社外テストコースなどで、ぬかるみ、泥、岩場、積雪環境などあらゆる状況を想定し走行テストを行っています。

社内基準は非公開ですが、「ジムニー」専用の基準を設定しているほか、特定の基準車を設けてその性能を超えるようにしたそうです。

特に、新開発した「ブレーキLSDトラクションコントロール」のテストを目的としてオフロードコースを特設し、悪路からの脱出性能を確かめているとのことです。

この機能は、ぬかるみや雪上で左右輪のどちらかが空転した場合、空転した車輪にブレーキをかけ、接地している車輪の駆動力を確保するというもの。

駆動モードを4L(4WDの低速)に切り替えると、電子制御によってそれぞれの車輪の駆動をコントロールし、脱出性能を高めるといいます。

オフロードを走るとスタックして身動き取れなくなるというのは、ままあることです。

そんな時に自力で脱出できる機能は心強いですね。

納期はどれくらい?

新型ジムニーは現在人気過ぎて納期がかなり延びているといいます。

いったいどれくらいの納期がかかっているのでしょうか?

平均するとジムニーは9カ月程度の納期がかかっているようです。

今後、増産体制が取られれば納期が早まる可能性もありますが、現段階では気長に待つしかないようです。

売れ筋は?

現在の売れ筋は、カラーでいえばグリーンとイエロー、グレードはXCが優勢だそうです。

私個人はオフロード車といえばMTと思うのですが、意外にもATの方が売れているそうです。

まとめ

20年ぶりのモデルチェンジ、新型ジムニーは大人気。

グレードは3タイプ。

イエローとグリーンが売れ筋。

納期は現在平均9か月。

これぞオフロード車というスタイリングも魅力的な新型ジムニー。

手に入れるなら、早目に発注して気長に待つしかないようです。

スズキさんが増産体制を取ってくれるといいですね。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする