米倉涼子10月新ドラマ決定!ドクターから破天荒な弁護士に転身!

<スポンサーリンク>

これまでドクターXで失敗しない外科医を演じてきた米倉涼子さんが、10月からの新ドラマで失敗してクビになった弁護士を演じることがわかりました。

以前にも紹介しましたが(前回の記事)その後白紙撤回の噂も出ていました。

それが放送決定ということで、再び調べてみました。

物語は?

米倉さん演じる、弁護士資格を剥奪された小鳥遊翔子が、大学教授に開かせた法律事務所が舞台になります。

資格のない小鳥遊翔子は管理人となり、嘘を並べてスカウトしたワケあり弁護士たちをこき使い、どんなに不利な訴訟にも挑む物語です。

厄介な民事訴訟が舞い込む中、超エリート弁護士らを相手に勝利できるのか…。「行列のできる法律事務所を作りたい」「人を救うのに資格はいらない」と豪語するヒロインの真意、弁護士資格を剥奪された理由とは何なのか?

ストーリーが進むにつれ、明らかにされていきそうです。

外科医から弁護士へ

ドクターXで失敗しない外科医、大門未知子のイメージが定着した感のある米倉さん。

今回、資格をはく奪された弁護士、小鳥遊翔子を演じるにあたりイメージチェンジをしています。

<スポンサーリンク>

「人生最短にしました」と髪を20センチ切ってショートボブに。

大門未知子の代名詞だった美脚は封印。

その代わり「上を出しています。自由で色気のあるだらしない服装になる」と上半身の“露出”を米倉さん自身がアピールしています。

見た目のイメージはガラっと変わりそうですが、弁護士小鳥遊翔子は鉄道オタクという設定で、ここが役作りの最大の難関だそうです。

「鉄道に乗って駅弁を食べることの幸せをまだ知らないので、突き詰めたい」と気合を入れています。

また先月、鉄道マニアで知られるTBSの安住紳一郎アナウンサーと共演し、「すごくうれしそうに15分くらいしゃべっていたので、参考にします」と鉄道オタクの生態を目の当たりにしほほえんでいました。

どんな主人公像が出来上がるのか楽しみですね。

まとめ

大人気シリーズ「ドクターX」に変わる新作連ドラ。

役作りで髪を20センチ切り、美脚ではなく上半身などの露出で新たなヒロイン像を作り込む米倉さんは「すごい挑戦でドキドキ。今回はどっちかというと“上”が出ています(笑)」と期待させています。

“失敗しない女”から“クビになった女”へ転身。

天才外科医・大門未知子を好演した米倉さんが、スキャンダラスなヒロインになる新ドラマ。

タイトルは「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」

これまで高視聴率を獲得してきた「ドクターX」の枠で始まるだけに、前作に並ぶことができるのか、超えるのか、注目ですね。

10月から始まる米倉涼子主演の「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」木曜夜9時が楽しみです。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする