北海道発、大泉洋が最新技術に挑む!驚きジャパン2、11日全国放送

<スポンサーリンク>

今や役者として、全国区のスターとなった大泉洋さん。

全国区の俳優となった今でも、地元北海道ではバラエティ番組のレギュラーを持っています。

その番組の制作STVが、全国ネット『大泉洋の驚きジャパン』を11日放送します。

実験の最先端を大泉洋さんが体当たり取材を行う番組です。

驚きジャパンとは

昨年8月に北海道のテレビ局STVが制作した実験バラエティ番組で、今回は第2弾となります。

前回は絶対に壊れない物体「GNゲル」、声を電波ではなく光にのせて会話をするコミュニケーションツール、風船で宇宙旅行、という3つの実験に、大泉洋さんが参加し、体当たり取材をしてきました。

気心のしれたスタッフと大泉洋さんのゆる~い感じに仕上がった、面白い番組でした。

続編での実験は?

今回の実験は、北海道大学が研究する「無人ロボット農業」、愛知県豊田市の開発団体カーティベーターが挑む空飛ぶクルマ、そして「開幕!驚きジャパン甲子園」。

<スポンサーリンク>

北海道では、GPS制御で自動走行する農業車の開発をしている大学教授の元へ。

次に愛知では、“空飛ぶ車”の開発現場を訪問。

最後は大泉洋さんが高校生たちの研究と触れ合うために、熊本、神戸へ。

研究者たちと大泉洋さんの体当たり実験リポートは爆笑ものです。

収録を終え、大泉洋さんは「すっごく笑いました。非常に面白かった!」とコメント。
「特に“先生お助けロボット”は、見た目にはたどたどしく緩いロボットでしたが、人のためになりたいという高校生たちの気持ちが素晴らしいと思う」と絶賛しました。

まとめ

大泉洋さんが地元北海道で19年続けているレギュラー番組「1×8いこうよ!」の制作陣が、北海道を飛び出してロケを行った「驚きジャパン2」

役者とは違う大泉洋さんを見ることができる番組です。

道民にはおなじみのローカルタレント大泉洋をぜひご覧になっていただきたい。

放送は11日午後1時半からです。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする