「おっさんずラブ」6/2ついに最終回!チワワ似の出演者?映画化?

<スポンサーリンク>

番組開始以来、盛り上がりを見せる「おっさんずラブ」

おっさん3人の純愛物語ですが、その番組も残すところあと1回。

6月2日の放送がついに最終回となります。

「おっさんずラブ」第6話より(C)テレビ朝日

おっさんたちの純愛はどんな結末を迎えるのでしょうか?

第6回の内容は?

「俺と牧は……付き合ってます!」という春田創一(田中圭)のカミングアウトでスタートした第6回。

春田は牧の思いを受け入れる覚悟をようやく決めていました。

一般的には男性が男性を好きになることが許されるのはまだ難しく、どちらの両親にも恋人とは理解してもらえない。

自分の幸せより相手の幸せ…そんな思いを抱く牧が目にしたのは、春田がちずを抱き寄せている光景だった。

「結局幸せじゃないんですよ、俺。春田さんと一緒にいても苦しいことばっかりです。ずっと、苦しいです」

「別れましょう。俺、春田さんのこと好きじゃないです。俺のことは忘れてください。俺は春田さんのことなんか好きじゃない。今までありがとうございました」

牧が家を出て行き1年後、春田の家のキッチンには部長の姿が。

春田の満面の笑顔と「なぜか俺は部長と同棲している」というナレーションで終了、という衝撃的なエンディングを迎えました。

最終回予告には部長と春田が結婚式をあげているように見えるシーンがありました。

ネット上では「嘘でしょ!?」「部長----!?」「完全にジェットコースター」「こんなしんどい回はない」「何がどうしてそうなった」「1年後って説明になってません!」「全然追いつかない」など困惑する書き込みが殺到していました。

チワワ似の林遣都

おっさんずラブで「牧」を演じている林遣都さん。

<スポンサーリンク>

チワワ似だとされ、ネットで検索をかけると関連でチワワと出てくることも。

この件の元になったのは、第2話の副音声企画で主役の春田を演じる田中圭さんが

「遣都ってさ…ほんっとチワワみたいな顔してるよね」

と語ったことでした。

視聴者からも「わかる」「激しく同意」と共感の声が殺到しました。

林さん本人は「あんま嬉しくないっすけどね」とし、“かわいい”よりも“かっこいい”と言われたいという本音を明かしていました。

田中圭怒られる

今回、副音声でのトーク中に「出演者を動物に例えるなら」という話が出ました。

すると、田中さんが「俺、遣都に怒られて…」と切り出しました。

「副音声で俺が遣都のことチワワって言ったから、『林遣都 チワワ』って(検索候補に)出るようになったって」と前回の発言が反響を呼び、林さんを怒らせてしまったことを告白しました。

広めた張本人として

「確かにチワワなんですけど、チワワじゃないことにしましょう」

と“前言撤回”しましたが、すぐに「ま、いっか」と流してしまいました。

さらに第6話では、林さん演じる牧が部屋でくつろぐシーンで、チワワが表紙にプリントされた本を読んでいるという細かい演出が加えられました。

視聴者からは「チワワの本持たされてるw」「チワワがチワワの本読んでるし…」とまたも反響を呼んでいました。

林遣都さんも「もうチワワ関連の仕事来ないかなって思ってます。どうせならそこまでいっちゃえって。」と開き直っているようです。

最終回はどうなる?

おっさんずラブは2016年に単発のドラマが放送されています。

このときはハッピーエンドで終わったのですが、今回はどうでしょう。

第6話では牧と別れ、部長と同棲しているという衝撃的?なラストシーン。

そして予告では春田と部長のウェディングシーンが。

部長の妄想なのか、現実なのか、春田の元を去った牧はどうなるのか?

最終回を見るまで展開が予想できません。

みんなハッピーで終わってくれるといいんですが…

なんにせよ、6月2日が待ち遠しいですね。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする