吉田鋼太郎がヒロイン⁉裏アカも大人気!好調「おっさんずラブ」

<スポンサーリンク>

テレビ朝日の土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」がおもしろい。

引用元:おっさんずラブ公式サイト

4月からスタートした土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」が好調です。

オリコンが発行する週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』によるドラマ満足度調査「ドラマバリュー」の結果では100pt満点中92ptでランキング1位を獲得しました。

実際私も欠かさず視聴している「おっさんずラブ」

まだ見たことのない人のためにまとめてみました。

ドラマ「おっさんずラブ」とは

2016年年末に単発ドラマとして世に出た「おっさんずラブ」

放映当時、かなり反響を得たドラマがリニューアルして、連続ドラマ化されました。

このドラマ純愛ラブストーリーなのですが、一風変わっているのが男同士のラブコメディーというところ。

ストーリーは、女好きだがモテない33歳の主人公・春田創一(田中圭)が突然、乙女心を隠し持つ“おっさん上司”の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、春田と同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)から愛の告白をされるというもの。

普通に男女間のドラマならベタな展開となるところですが、これが男同士となったことで俄然面白くなっています。

ヒロイン=吉田鋼太郎⁉

このドラマのヒロインとなるのが吉田鋼太郎演じる黒澤武蔵。

<スポンサーリンク>

引用元:モデルプレス

通常の恋愛ドラマでヒロインが想い人を陰から見つめて目を潤ませる、何気に手が触れてはにかむ。

よくあるシーンですが、これを吉田鋼太郎が真剣に演じています。

ヒゲ面のおっさんが「はるたんが好きでええっす!」と全力で告白したり、手作りキャラ弁を差し出したり、真剣に演じている姿が人気になっています。

吉田鋼太郎さんは出演オファーに二の足を踏んだそうです。

自分の中にボーイズラブの要素が全くなく、表現できるかどうかと不安があったと話しています。

それでも「自分の中に全く要素がない人を演じることは面白いことかもしれない。なかなかいい機会じゃないか」と考えて出演を決めたとのこと。

実際演じてみると気持ちいいと(笑)

吉田鋼太郎さんが乙女のように演じるヒロイン黒澤武蔵、一度見ておくことをオススメします。

注目は「武蔵の部屋」

おっさんずラブではドラマも人気ですが、それ以上にインスタの裏アカウント「武蔵の部屋」が大人気になっています。

「武蔵の部屋」はヒロイン黒澤武蔵が愛しの春田を隠し撮り、ひっそりと公開しているという設定のアカウントです。

この裏アカウントのフォロワーがどんどん増えていて、1話終了後は4万6千人でしたが3話が終了した現在はなんと25万人に!!

ドラマと合わせて「武蔵の部屋」も見てみましょう。

面白さが倍増すること間違いなしです。

男同士の純愛ドラマというと毛嫌いしてしまう人もいると思いますが、偏見無しに見てみたら結構ハマってしまうかもしれませんよ、私みたいに。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする