アカデミー賞発表 受賞作品、俳優は?日本人がオスカー受賞

<スポンサーリンク>

現地時間3月4日、世界が注目するアカデミー賞受賞式が行われました。

数々のノミネート作品の中から、金のオスカー像を手にしたのは?

そして、オスカー像を手にした日本人は?

オスカー受賞作品、俳優他

助演男優賞はサム・ロックウェル「スリービルボード」

メイクアップ&ヘアスタイリング賞は「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(辻一弘)」

衣装デザイン賞は「ファントム・スレッド(マーク・ブリッジズ)」

長編ドキュメンタリー賞は「イカロス」

録音賞は「ダンケルク」

音楽編集賞は「ダンケルク」

美術賞は「シェイプ・オブ・ウォーター(ポール・デナム・オースタベリー、ジェフリー・A・メリヴィン、シェーン・ヴィア)

外国語映画賞は「ナチュラルウーマン」

助演女優賞はアリソン・ジャネイ「アイトーニャ 史上最大のスキャンダル」

短編アニメ映画賞は「ディア・バスケットボール」

長編アニメ映画賞は「リメンバー・ミー」

視覚効果賞は「ブレードランナー 2049」

編集賞は「ダンケルク」

短編ドキュメンタリー賞は「へヴン・イズ・ア・トラフィック・ジャム・オン・ザ・405」

短編実写映画賞は「ザ・サイレント・チャイルド」

脚色賞は「君の名前で僕を呼んで」(ジェームズ・アイヴォリー)

脚本賞は「ゲット・アウト」(ジョーダン・ピール)

<スポンサーリンク>

撮影賞は「ブレードランナー 2049」(ロジャー・ディーキンス)

作曲賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」(アレクサンドル・デスプラ)

主題歌賞は「リメンバー・ミー」

監督賞はギレルモ・デル・トロ「シェイプ・オブ・ウォーター」

主演男優賞はゲイリー・オールドマン「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」

主演女優賞はフランシス・マクドーマンド「スリービルボード」

作品賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」

以上が受賞作品でした。

日本人初の受賞

今回のアカデミー賞ではメイクアップ&ヘアスタイリング賞で、日本人初受賞となりました。

受賞したのは辻一弘さん。

過去2回ノミネートされ、今回3度目にして受賞となりました。

この部門では日本人初になります。

辻さんが特殊メイクを担当したのは「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」の主演ゲイリー・オールドマンでした。

実は辻さん、2012年に映画界を引退していましたが、主演のゲイリー・オールドマンが辻さんなしではチャーチル役を引き受けられないと直々にオファーしたことから復帰、今回の受賞になったのでした。

主演俳優から参加しなければ、映画はやらないと言われるほどの腕を持つ辻さん。

この受賞が、更なる活躍の起爆剤になるでしょう。

今後の活躍に注目です。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする