【コンビニ】顧客満足度でセブンを引き離す道内企業セイコーマート!

<スポンサーリンク>

コンビニと言えば、もはや生活になくてはならないものですね。

北海道内をドライブして田舎のほうに行くと、大手コンビニがほとんどないところがあります。

そんな田舎にも店舗を出しているのが、道内企業の「セイコーマート」です。

道民にとってはおなじみのコンビニですが、実はすごいコンビニだったんです。

どんなところがすごいのか調べてみました。

大手セブンを引き離す顧客満足度

顧客満足度調査で業界最大手のセブンイレブンを抑えて2年連続1位になったのが、道内企業の「セイコーマート」です。

日本生産性本部サービス産業生産性協議会の「日本版顧客満足度指数コンビニエンスストア部門」(2017年度)でセイコーマートは2年連続1位になっています。

過去には15年度にセブンイレブンに1位を譲っていますが10年~14年度の4年間も1位をキープしています。

コンビニとしては最高の評価をされているのが「セイコーマート」なのです。

セイコーマートの店舗数は?

セイコーマートの国内店舗数は1197店です。

他のコンビニはどうでしょうか?

  • セブンイレブンは2万286店
  • ファミマは1万7205店
  • ローソンは1万4083店

圧倒的に規模が違いますね。

これが道内になると次のようになります。

  • セイコーマート 1101店
  • セブンイレブン 1000店
  • ファミマ            236店
  • ローソン      655店

セイコーマートが1位ですね。

<スポンサーリンク>

これだから田舎にもしっかりとあるんですね。

セイコーマートの強み

セイコーマートでは店内で調理した商品を販売する「ホットシェフ」があります。

店内の厨房でカツ丼や豚丼、カツカレー、おにぎり、クロワッサン、フライドチキンなどを調理して、出来立てを販売しています。

「ホットシェフ」で販売しているものは、他のコンビニに比べて確実においしいので非常に人気です。

売り場の品揃えでいうと、北海道と表記された商品が多くあります。

これはセイコーマートを運営する「セコマ」のグループ会社に乳製品の工場や、野菜を生産する「北栄ファーム」水産物を直接買い付けることができる「北嶺」などがあり、中間コストを削減することができるのです。

結果、北海道と表記された商品を低価格で販売できています。

他にも海外商品を直輸入しているので、海外商品も安く販売できます。

セイコーマートのワインは安くておいしいと評判なのもうなずけます。

まとめ

生産から物流まで徹底した自前主義な「セイコーマート」

過疎地域にも自前主義で直営店を出店しています。

道内ではどこに行っても「セイコーマート」は、ほぼあります。

北海道旅行、特にドライブやツーリングには役立つコンビニです。

北海道に来られた際には、ぜひ、立ち寄ってみてください。

ただし、24時間営業じゃない店舗もあります(田舎の方に多い)ので、気を付けて下さいね。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする