【7月新ドラマ】木曜ドラマFで新しすぎる探偵ドラマがスタート!

<スポンサーリンク>

先日中村アン主演の「ラブリラン」が最終回を迎えた日テレ系木曜ドラマF。

以前は木曜ドラマとしていましたが、2017年10月からは枠名に「F」を加え木曜ドラマFとなりました。

この枠名に加えられた「F」はそれぞれのドラマを象徴するキーワードの頭文字となっています。

先日終わった「ラブリラン」では「Finding(発見)」となっていました。

7月19日からスタートするドラマのキーワードは「Fastest Detective(最速の探偵)」。

今までにない、新しいスタイルの探偵ドラマ「探偵が早すぎる」について調べてみました。

「探偵が早すぎる」 原作は?

このドラマの主人公は些細な違和感を察知し、事件を未然に解決する探偵・千曲川光。

事件が起こる前に解決してしまうという、これまでにない探偵の物語です。

原作は第51回メフィスト賞を受賞し、ミステリー界から評価を受けている井上真偽(いのうえまぎ)さんの同名小説です。

2017年5月に上巻、7月に下巻と刊行された作品ですが、わずか1年でテレビドラマ化されることになりました。

「探偵が早すぎる」 主演は?

このドラマは滝藤賢一さんと広瀬アリスさんのW主演となっています。

             (C)ytv

滝藤さんが演じるのは、「事件が起こる前に未然に防ぎ、犯人を返り討ちにする“トリック返し”をモットーとしている探偵・千曲川光」

<スポンサーリンク>

偏屈な性格で、コミュニケーション能力が著しく欠如した役どころとなっています。

滝藤さんは出演が決まった時、「平静を保とうとしましたが、ニヤけてしまい、ビローンと鼻の下が伸びました(笑)」

「やはり俳優をやっている以上、主演を張りたいという気持ちは持ち続けているので嬉しいです」と話されていました。

一方広瀬さんが演じるのは、「他界した父親の遺産5兆円を突如相続することになり、その莫大な遺産を奪おうとする一族から命を狙われる事になった女子大生の十川一華」

勝気な性格で、滝藤さん演じる千曲川と常に反発するという役です。

出演決定した時の広瀬さんの感想は、「台本を読ませて頂いて、すごくおもしろかったです。台本を読んでケタケタ笑いました(笑)」

「(広瀬さん演じる)一華ちゃんの振り回され具合がすごくおもしろくて…。やりとりもおもしろいですし、すごく撮影が楽しみだなと思いました」

このドラマが初共演となる二人ですが、どんな化学反応でドラマをおもしろくしてくれるのか、非常に楽しみです。

まとめ

7月19日スタートの日テレ系木曜ドラマFは「探偵が早すぎる

事件が起きる前に解決してしまうという、今までにない探偵ドラマです。

主演は滝藤賢一さんと広瀬アリスさんのW主演。

名バイプレーヤーとして活躍されている滝藤さんの初主演ドラマということで、かなり期待が高まります。

番組スタートが待ち遠しいです。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする