ありがとうコロンビア!日本決勝トーナメント僅差で進出決定!

<スポンサーリンク>

決勝トーナメント進出をかけたポーランド戦。

試合は1-0で負けてしまいました。

しかし、同時刻開催のセネガルーコロンビア戦でコロンビアが勝利。

結果、決勝トーナメント進出が確定しました。

試合展開

メンバー6人入れ替えという大胆な采配で始まったポーランド戦。

前半はスコアレスで経過。

このまま行けば引き分けで決勝トーナメント進出という展開で後半スタート。

後半14分ポーランドがフリーキックを獲得。

このセットプレーがポーランドの先制点となりました。

1点を追いかけて、同点を狙っていかなければならない状況に。

なかなか点を取れない中、他会場のコロンビアがセネガルに先制。

この時点で、セネガルとフェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出が濃厚に。

危険を冒さず、パス回しで時間を消化し試合終了。

<スポンサーリンク>

ポーランドには敗れたものの、決勝トーナメント進出を勝ち取りました。

まとめ

3度目2大会ぶりの決勝トーナメント進出となったものの、日本にとって前代未聞の試合となったポーランド戦。

コロンビアがセネガルに先制してからは、危険を冒さず時間消化という試合展開に激しいブーイングがスタジアムに響きました。

しかし、決勝トーナメント進出を目指すには戦略的な時間消化といえました。

それでも見ている側では、セネガルが同点に追いつくのではないかとの不安もあり、コロンビア対セネガルの試合終了まではドキドキでした。

結果的にはフェアプレーポイントというわずかな差での進出でした。

今大会での決勝トーナメント進出の陰の立役者はコロンビアじゃないかと、個人的には思っていたりします。

ありがとうコロンビア。

がんばれ日本代表、おめでとう決勝トーナメント進出!

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする