【観光】続報!2022さっぽろ雪まつり、雪像のイメージを一部公開

<スポンサーリンク>

2022年2月、実に2年ぶりにさっぽろ大通公園に会場を設営して開催する「さっぽろ雪まつり」。

実行委員会により、イベントの概要と、各会場で制作する雪像のイメージが公表されました。

今回の雪まつりは、感染対策のため、大通会場のみで開催されます。

西1丁目~西7丁目までを会場に大雪像は設置せず、中小規模の雪像とイルミネーションを楽しめる「通過型」の雪まつりとなります。

西5丁目会場の雪像イメージ

出典:UHB北海道文化放送

5丁目会場にはUHB北海道文化放送が制作する、高さ:約6メートル 横幅:約10メートル
奥行:約5メートルの中雪像

『巨大!北海道限定カップヌードウ』

が設置されます。

カップヌードルをイメージした雪像で、寒い会場で温かい美味しさを提案するそうです。

ただ残念ながら、感染対策の為、会場内での物販・飲食は見送りとなっています。

<スポンサーリンク>

大通西7丁目メイン会場の雪像イメージ

出典:UHB北海道ニュース

メイン会場となる大通西7丁目には、札幌市との姉妹都市提携50年を記念してドイツ・ミュンヘン市の「テアティナー教会」が、制作されます。

「テアティナー教会」は17世紀に建てられたこの教会は、ヨーロッパで最も壮大なバロック建築の1つです。ミュンヘンの中心部に位置し、カトリックの崇拝と祈りの重要な場所でもあります。

この教会を雪像として、どこまで緻密に作り上げられるか、期待しています。

その他の雪像など

他にも「雪ミク」や、北海道日本ハムファイターズが北広島市に建設中の「新球場」など計10の中小雪像が制作されます。

大通会場は西1丁目~3丁目はイルミネーション西4丁目~6丁目はイルミネーションと中小雪像西7丁目にメインと中小雪像の配置となります。

雪像の数は2020年の大通会場での計119基と比べると約1割まで減っていますが、2年ぶりの開催ということで、久しぶりの冬のイベント楽しみにしたいと思います。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする